【モーニングページ】朝一番のセルフケア

デトックス

会社員のふくこです。

モーニングページをはじめて今日で608日目。

これまで一つのことを続けられたことがありませんでした。

以前5年日記を買ったことがありました。1日数行書けばいいと思い買ってはみたものの、開くのは数ヶ月に一度。

手帳に書き組む日記は、数日だけで終了。

それが、モーニングページだけは続けられています。

始めたばかりの頃、一日だけ書けない日がありましたが、今では対処法を見つけたので連続更新中です。

日記は続けられなくても、モーニングページは続けられている理由を自分なりに分析してみました。

モーニングページとは

モーニングページとは、誰もが持っている“アーティスト”としての才能を回復するツールの一つです。

”いくつになっても「ずっとやりたかったこと」をやりなさい”

この本には4つの方法が書かれていますが、私が実践できているのはモーニングページ一つだけ。

モーニングページの効果

人それぞれいろんな効果があり、夢を思い出して実現させている人もいるそうです。

今のところ自分が感じている効果は2つ。

実感している効果一つ目

「やりたかったことがわかる」ようになりました。

例えば、

キレイな部屋でゆっくりすること

夜早く寝て朝早く起きること

朝食を食べること

片付けをすること

そしてブログ再開すること。

そんな小さなこと?と思うかもしれませんが、できた時は小さな幸せを感じて、体調が良くなって心が満たされる気がします。

小さなことの積み重ねの大切さに気づけるようになりました。

実感している効果2つ目

もう1つは心のデトックス。

本音にフタをして、それを忘れている人は多いのではないでしょうか。私にとってモーニングページは自分の本音を聞いてあげる場所になっています。

モーニングページで決まっていることは、たったの3つだけ。

①朝一番

②手書きでかく

③自分以外に見せない

朝一番に書く

朝起きたら早くやるほど効果があるそうです。

私の場合は、朝一番とは言えないかもしれませんが毎朝決まったタイミングでノートを開いています。

朝の流れは平日も休日も大体こんな感じです。

布団から出る→愛猫のご飯と水をあげる→白湯を準備してモーニングページを書く→朝食を食べる→メイク→歯磨きや着替えなど身支度→出勤

平日のランチはお弁当持参ですが、職場に電子レンジがあるので、前日のうちに準備して冷蔵庫に入れ、朝は持って行くだけの状態にしています。

本では30分で3ページとありますが、私の場合は毎朝15〜20分でA4ノート1ページだけ。今はこれで落ち着いています。

書き始めた頃はノートのサイズがB5と小さかったこともあり見開きで2ページに書いていました。

時間は同じ15〜20分程度。「ふう、書いた書いた」と思って時計を見るといつも大体これくらいの時間です。

今の自分にはこれくらいが、飽きずに書けて、仕事にも送れない、ちょうど良い時間のようです。

手書きで書く

ノートは大きい方がよく、A4サイズがおすすめだそうです。

書くものは鉛筆でもボールペンでもサインペンでもかきやすいもの、好きなものを使って手書きをします。

A4ノートがおすすめの理由は、書くスペースが大きい方が創造性を広げてくれるからだそうです。

私の場合は、始めた当初は手持ちの使わなくなったB5サイズのノートやルーズリーフを使っていました。

その後は、コクヨのA4サイズの白紙ノート、今は無印良品のA4サイズ方眼紙ノートを使っています。

どちらもペンのインクが裏移りすることなく、なめらかな書き心地で気に入っています

本当は白紙の方が好みですが、店舗での購入場所が限られていることや、表紙の見た目から今は無印良品のノートを使っています。

大きさは、大きい方が自由に書けて型にはまらない発想が生まれそうですが、メモ帳のように小さいものでなければ好みの大きさでいいのかもしれません。

大きく白紙のノートを求めて落書き帳も検討したのですが、使用しているペンが裏移りしてしまうので、諦めました。

自分以外見せない

書く内容は自由でルールはありません。

誰にも見せませんから、いいとか悪いとか、評価する人はいません。

正しい方法も間違った方法もありません。

何も考えずに頭に浮かんだことを手書きでノートに書いていきます。

ただの独り言をノートに書く感じ。

もし書くことがなかったら、

書くことがない、とか

何を書いていいのかわからない、

眠いな、今日は雨だ、肌寒い

2度寝しちゃって時間がない、寒そうだな、とか。

遠くで車のエンジン音がする、とか。

絵を描いてもいいし、図を描いてもいい、表を書いてもいい。

ただ自由にペンを走らせるだけです。

モーニングページを書くということ

毎朝ひとりの時間、ノートを開いて一息つくと幸せを感じます。

自分の思ったことや感じたことを素直に言葉に出せることって、大人になると少ない気がします。

周りの目を気にしてしまい、自分の気持ちにフタをしていることに気づかない人が多いのではないでしょうか。

「やりたいこと」「やりたくないこと」「好きなこと」「嫌なこと」が、私はすっかりわからなくなっていました。

モーニングページを始めてから、毎朝思い浮かんだことを何も考えずに自由にノートに書くと、不思議とスッキリ。

そして、テーマも目的もなしに書いたノートでも達成感があるんです。


今では、自分が好きなこと、嫌いなこと、今後どんな生活を望むのかなど、優しく自分の声を聞いてあげる時間になっています。

時には、ずっと問題として抱えていたことに対して、ふっと解決の糸口が見えてくることもあります。

朝のひとり時間。毎朝「幸せ」と感じる時間です。

習慣化できた理由

自分なりに考えてみたところ、理由は大きく3つあると思います。

①モノを見直し、必要なモノを残した

②朝食を固定化した

③モーニングページのルールを緩くした

モノを見直し必要なモノを残した

ときめきの片づけのこんまりさんや、ミニマリスト、シンプリストの書籍を見たり、Youtubeにすっかりハマったことがありました。

3年前に転勤の際、大量の荷物と共に引っ越して大変だったこと、体調がすぐれなかったことから、身の回りのものを見直すことにしました。

洋服を減らすと、毎朝の支度が格段に楽になり、時間が短縮されました。

洋服の組み合わせ、合うバッグはどれか、アクセサリー、髪型、メイクの色やアイテム選び、靴などコーディネートが楽しく大好きでしたが、選択肢が多く朝からエネルギーとたくさん使ってしまいます。

私服の制服化とまではいきませんが、選択肢をずいぶん減らすことで時間もエネルギーも節約ができました。

また、洋服の手入れに使っていた時間も減り、ずいぶん楽になりました。

今はもう読まない本や書類、写真類を減らすとあれだけ圧迫した空間が広くなり、埃が溜まらず掃除が楽に。

本棚や衣装ケースも手放すことができました。

空間が広くなると、選択肢が減り、お手入れや掃除の手間も減り、時間ができるようになりました。

朝食を固定化した

朝はミルクをかけたオートミールとカフェオレをいただいています。

おなかの健康のために食べ始めたオートミールですが、フルーツやナッツなどトッピングを変えると飽きることなく食べられて今では2年以上続けられています。

朝何を食べようか考えたり、買い物で迷うことがなくなりました。

調理の手間がほとんどないので朝の時短になっています。

モーニングページのルールを緩くした

モーニングページのたった3つのルールが守れないことがあります。

①朝一番

②手書きでかく

③自分以外に見せない

特に守りにくいルールが「①朝一番」「③自分以外に見せない」でした。

朝起きてモーニングページを書くことにしていますが、時には寝坊をしたり、来客が宿泊するとひとり時間が取れない場合があります。

そんな時は、少しルールを変更しています。

例えば、朝寝坊した時は、ノートを開いて「寝坊してしまったので、これからシャワーを浴びて仕事に行く!」だけの日もあります。1分もかかりません。

来客が宿泊したときは、朝来客の食事の準備など毎日の生活リズムが変わり、ノートを開く時間が取れないことがあります。そんな時は、朝一番でなくても、今日のうちに書けばいいことにしています。来客がトイレやお風呂に入っている隙間時間でさっとノートを取り出し、その時思っていることを少しだけ書ければそれでOK。「今日は〇〇さんが泊まりにきているから、1日一緒に過ごす予定」だけ。こちらも1分程度。

実は、モーニングページを始めて609日目なのですが、書き始めた当初1日だけできない日がありました。

それは自宅に宿泊を伴う来客があったとき。朝一番のひとり時間がとれなかったから。

それ以来、ルールを緩くして、とにかく書ければ良し、ということにしました。

おかげで今では608日続けて書くことができています。

最後に

モーニングページを始めてから、自分と向き合う時間ができました。

習慣化のためには、自分なりの工夫ができたことが継続につながっています。

これからもライフスタイルが変わったり、生活環境が変わることがあると思いますが、日々自分の生活を見直して続けていけるようにしたいと思います。

ノートは無印良品のA4サイズを使っています。

紙がしっかりしていてインクが裏にうつらず書きごごちもいいです。少し黄色がかったオフホワイトの紙にブルーブラックのインクが映えます。シンプルなグレーの表紙も素敵です。

ノート型はがせるルーズリーフ | 無印良品
持ち運びしやすいようルーズリーフをノート型にしました。ノートと同じように横開きで使用でき、必要なページは剥がしてバインダー保管も出来る仕様です。ノート・付箋 | 文房具・事務用品の通販なら無印良品 公式ネットストア。

ペリカンの万年筆とブルーブラックのインクを使っています。お気に入りの筆記用具はモチベーションが上がります。

【セール★100円オフ】【楽天1位】デスクライト led スタンドライト 電気スタンド 卓上ライト おしゃれ 学習机 コードレス 明るい usb 目に優しい かわいい 可愛い コンパクト こども レトロ ワイヤレス ZOOM 充電式 テレワーク 寝室 折りたたみ 充電

コメント

タイトルとURLをコピーしました