【ゼロ活力なべ】金のオモリ 奇跡のスープとアイリスオーヤマIHクッキングヒーター

ごはん

以前から気になっていたゼロ活力なべ。

「奇跡のスープ」が作れると知り、ぜひ食べてみたい!と思いました。

具沢山のスープが大好きで、ほぼ毎日いただいています。

野菜やお肉がたっぷり入った具沢山のスープがあれば、あとはご飯やパンがあれば十分。

よりおいしいスープを求めて「奇跡のスープ」を作ってみました。

結論

「奇跡のスープ」とてもとても気に入りました!

少量の水で加熱するので、具材の味がしっかりするおいしいスープができました。

シンプルに塩だけでも十分においしいお味です。

具の存在感が残っているため「食べる具沢山スープ」が大好きな方にはピッタリ!

カレーやシチューなど具の存在感を楽しみたい煮込み料理にも、金のオモリを使った「奇跡のスープ」ピッタリだと思います。

(具材がトロリとしたカレーやシチューには赤いオモリが良さそう)

参考

アサヒ軽金属工業株式会社のゼロ活力なべ購入時についてきた「奇跡のスープ」レシピ本を参考に、家にある材料を使いました。

材料

生しいたけ 200g

玉ねぎ 中一個200g

キャベツ 2枚

じゃがいも 中2個

水 200ml

このほかに残っていた乾燥しめじを適当に入れました。

たっぷり食べたい人には2名分くらいの量です。

時間

我が家のアイリスオーヤマIHクッキングヒーターは、加熱からスープが完成するまで約18分30秒かかりました。

強火(ハイパワー)加熱からオモリが動き始めるまで8分30秒

火からおろしてピンが下がるまで約10分

作り方

1.野菜を一口大の大きさに切る

2.鍋に材料を全て入れる

3.金のお守りを乗せて強火で加熱

4.ピンが上がり、金のオモリが動き始めたら火を止めて、IHヒーターから下ろす

5.ピンが下がったら、金のオモリを外して蒸気が出ないことを確認してから蓋を開ける。※十分気をつけてくださいね。

1.材料を一口大に切り、分量の水200mlと一緒に鍋に入れました。食材は約800gだったので、対して水200mlだと、鍋を傾けても水が見えないくらい少ないです。
蓋をしっかりして、金のオモリをのせました。火力は我が家の最高「ハイパワー」
約8分30秒でオモリが動き始めましたので、火を止めました。野菜の煮えるいい香りがしています。

IHの場合は、IHから下ろして別のところに移動させます。I余熱で火が通り過ぎてしまうからです。
ピンがおりました。落ち着いて金のオモリを外して、蒸気が出ないことを確認します。
ゆっくり蓋を開けると、野菜がしんなり。

野菜から出たスープ
野菜の形がしっかり残っています
器に盛り付けるとこんな感じです。野菜の味がしっかり出た具沢山スープです。

使用上の注意

ゼロ活力なべに限らず、圧力鍋全般で言えることですが、取り扱いは十分気をつけてください。

加熱後、蓋を開ける前には次の3つを絶対守ってくださいね。

①ピンが下がっている

②オモリを外して蒸気が出ないことを確認

③ゆっくり蓋を開ける

母が若い頃、時間に追われていたある日、加熱後の圧力鍋の蓋を慌ててとったことがあるそうです。

鍋の蒸気が抜けていなかったようで、蓋が飛んで・・・それはそれは大変な状態になったとか。

本当に怖い思いをしたようで、以来母は一度も「圧力鍋」として使っていません。(現在は厚手鍋として正月の黒豆専用鍋になっています)

まとめ

ゼロ活力鍋と金のオモリを使うことで、短時間で野菜たっぷりのおいしいスープができました。

具材の形がしっかり残っているため食べ応えもあります。

これにサラダチキンをトッピングにしたり、卵をのせれば立派なメインのおかずスープ!

出来上がり量の半分を700mlの容器に盛り付けました。密閉のふたをしてスープ弁当にします。

使っている5.5リットルの活力なべです。Amazonで買うと赤と白のオモリが付属されています。

金のオモリはアサヒ軽金属さんのホームページから購入できます。

ゼロ活力なべ|圧力鍋(ゼロ活力なべ)・フライパン(オールパン)のアサヒ軽金属工業【公式】
アサヒ軽金属工業の日本一売れている国産圧力鍋「ゼロ活力なべ」は、日本の家庭料理のために生まれた国産の圧力鍋です。0分料理は、時短料理で早く、おいしく、健康的に毎日のごはんが作れる、ゼロ活力なべの魅力や特徴を紹介しています。安心の30年保証。

IHクッキングヒーターはこちらを使っています。台付にすると、2口用のガス代置き場にピッタリの大きさと高さになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました