【ヘルシオ】肉と野菜を焼くだけ

ごはん

会社員のふくこです。

ヘルシオを手に入れて、毎日楽しく使っています。

作り置きをしたり、お弁当のおかずとして仕事に持って行くこともあります。

冷蔵庫にあった残り野菜と豚こま肉、卵を使って簡単おかずを作りました。

材料

冷蔵庫にあったものを使いました。量もたまたまあった量で作っています。

何でもいいのですが、カボチャやにんじん、芋類を使うときは薄めに切ると火が通りやすいと思います。

・なす3本

・ゴーヤ2本

・しめじ1パック(100g)

・豚肉 260g

・卵3個

・塩

・こしょう

・オリーブオイル

作り方

ボウルに食べやすい大きさに切った野菜を全て入れる

オリーブオイルを全体に回しかける

野菜の重量✖︎0.6%の塩をまぶして全体をよく混ぜる

(野菜の重量420グラム✖︎0.006=塩2.4グラム)

容器に移して天板にのせ、上段に入れる(写真は間違えて下段に入っていますが、ヘルシオの指示に合わせて上段に入れ替えました)

ヘルシオのメニューを選択し焼く

まかせて調理→焼く→スタート

ヘルシオが加熱時間を勝手に設定してくれて、今回は16分程度でできました。

焼く前にオリーブオイルを野菜全体にまぶすことで、ナスは変色せず、ゴーヤの苦味はマイルドになりました。

塩は全体を計量してから混ぜることで、焼き上がりをそのままでいただける味付けになります。

今回味付けした野菜の上に、冷凍肉をのせました。

肉が足らず、代わりに生卵を。

卵、肉にはそれぞれひとつまみの塩と胡椒をかけました。

使用する野菜を計量しています。容器が小さくてボウルに移しました

野菜の他に、キノコが入ると旨味が出て美味しいです。オリーブオイルと塩を入れて全体を混ぜました。
食材を耐熱容器を入れて天板にのせます。
後からのせた冷凍肉と卵には、それぞれ塩をひとつまみずつかけました。
ヘルシオの上段に入れます。(写真は間違えて下段に入れていますが、ヘルシオからナビゲートがあり、このあと上段へ入れ替えました。)
まかせて調理の「焼く」を選択
食材がのった天板は上段に入れました
あたためスタート」を押す

おかずの作り置き、小分けして加熱すると便利です。

天板にそのまま食材をのせて焼くと、人数が多い時に見栄えがすると思います。

我が家は人が集まることがないので、最初から小分けにしています。

洗い物が楽だし、焼き上がったらそのまま蓋をして冷蔵庫に保存しています。

翌日は、そのまま仕事に持って行ったりと便利便利。

シンデレラフィットする容器

これがなんとピッタリサイズ。

7個ちょうど入ります。

こんな感じで届きました
蓋をとってヘルシオの天板に置いて使います。ピッタリ!!

便利な道具でおいしいご飯

ヘルシオと便利な調理小物で、マンネリ化していた自宅の食事が楽しくなりました。

作り置きがあると、家に帰ったら温め直してすぐに食べられる!

おかげでスナック菓子に手を出さずに済んでいます。

作り置きレパートリー増やして、美味しくできたらまたブログに上げたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました