【ゼロ活力なべ】夏のおうちごはん 冷たい野菜スープ

ごはん

会社員のふくこです。

暑い季節になると涼しい季節よりも食欲が落ちて、味付けの濃いものが美味しく感じます。

料理をする意欲も落ちるし、いつも以上に面倒なことは嫌、そんな気持ちになります。

こんな時にまとめて作る夏野菜スープがあります。

出来立てはもちろん、冷やしても美味しいので、作る時は多めに作って冷蔵庫保存しています。

カレー粉を入れると、野菜たっぷりの夏野菜カレーになります。

今回は「金のオモリ」を使いました

なぜか野菜の形がサイコロ状のスープが食べたかったので、食感を楽しめる金のオモリを使いました。

具の形を崩してトロトロにしたい時は、赤いオモリを使っています。

材料

無農薬の野菜をいただいたので、自宅にあった野菜を合わせて使いました。トマト缶の代わりに熟れすぎたトマトや硬いトマトを入れることもありますし、カボチャやさつまいもなど、煮ておいしい野菜ならなんでも美味しくできます。

今回は、お肉やキノコが入れて旨味アップ。

★じゃがいも

★人参 

★玉ねぎ

★椎茸 

★トマト缶

★豚肉スライス

・ニンニク

・塩 材料の0.6%

・オリーブオイル

・水200ml

味付けは塩だけ

★の皮や容器を取り除いて食べられる分だけを計量すると2000gありました。

味付けは塩だけです。材料の重さに対して0.6%の12g入れています。

塩の分量は材料の重さ✖︎0.006で計算すれば、味に失敗がないのでずっとこの方法でやっています。

もしコンソメを入れるならば、塩の分量は減らした方が良さそうです。

作り方

材料を全てサイコロ状に切って、活力鍋に全て入れます。

蓋をしっかり被せたら「金のオモリ」をのせて、火にかけて加圧します。

ピンが上がり、金のオモリが動き出したら火を止めて、そのまま放置。

ピンが下がったら出来上がりです。

出来上がり

蓋を開けたら、材料を入れたままの状態で火が通っていました。

混ぜるといい感じに野菜の形が残っています。

仕上げにパセリを振りかけました。

冷たい野菜スープで、おうちごはん

冷蔵庫にスープがあると、冷凍ご飯と納豆や卵、豆腐だけでも満足です。

家に帰ってすぐに美味しいご飯が食べられるって、本当に幸せです。

オモリは3種類持っていて、使い分けをしています。

よかったらこちらの記事もご覧いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました