大人味 柚子ジャム シンプルレシピ

ごはん

柚子ジャムの味

初めて作った今年のレシピは、柚子らしい酸味と苦味が程よい、すっきりした爽やかな大人の味になりました。

柚子ジャム利用方法

お気に入りの使い方です。ポイントはたっぷり使うことです。

1.ヨーグルトやシリアル、オートミールのトッピング

2.ゆず茶としてお湯割り(寒い日に、小腹が空いたときに)

3.炭酸水と氷で割ってアイスドリンク(暑いときに美味しいです)

4.パウンドケーキなどに加えても

柚子ジャムの保存

すぐに食べる分はガラス瓶に入れて、残りはジップロックに入れて冷凍しています。

今回は900gの生柚子を使って、ガラス瓶3.5本分できました。

後日作る予定のジャムは、ジップロックに入れて冷凍保存します。

柚子ジャム材料

柚子と砂糖

生柚子900g 砂糖250g

※柚子のタネやヘタを取ったら合計重量が630gになりました。砂糖250g使いました。

柚子ジャム作り方

毎年適当に作っていましたが、今年はYoutubeを見てレシピや作り方を真似て作りました。

1.ゆずを水でよく洗う

2.ゆずを横半分に切って、ゆずの汁を絞り種を除く

3.皮を細く刻み、好みで実と薄皮も細かく刻む(実と薄皮をいれると、柚子らしい苦味が楽しめます)

4.ゆずの皮、ゆずの汁、ゆずの実の重さを測る(今回は630gでした)

5.4の重量に対して40%の砂糖を測る(今回は250g入れました)

6.鍋に材料を全て入れて中火で煮るだけ(ストウブブレイザーで蓋をして20分、ひと混ぜして蓋をあけて10分煮詰めました)

※私は酸っぱ過ぎるものが苦手なので、ゆずの汁は半量使用しました。

材料はシンプル、時間はかかる

実家で実った柚子を4kgもらいました。何回かに分けてジャムをせっせと作ります。

完全無農薬の安心食材が手に入る貴重な機会、せっかくなので丸ごと使って楽しみたいと思っています。

今回の柚子は小粒でピンポン玉くらいの大きさだったので、下処理に時間がかかり合計1.5時間くらいかかりました。

柚子ジャム以外の楽しみ方

我が家では、柚子の絞り汁を次のように使っています。

①鍋の味付け

②うどんやにゅうめんに

③お湯や水で割って(レモン水のつもりです)

④魚の塩焼きにかける

⑤サラダの味付けに(オリーブオイル+塩+柚子の汁)

おすすめですので、お試しいただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました