【冷え性対策】痛痒い!足しもやけ解消

スキンケア

会社員のふくこです。

寒い季節になると靴下を履いたまま布団に入る冷え性です。寒くなると足のしもやけに悩んでいました。

しかし、靴下を変えてから痛痒い不快感から解放されました。今では足のしもやけとは無縁ですし、以前より活動的に過ごせています。

ついでにブーツを脱いだ時の臭い対策にもなっています。

※しもやけと凍傷は違います。今回は日常生活におけるしもやけのお話です。

 第一三共ヘルスケアのサイトに違いについてのコラムがありましたので、興味のある方はご参考になさってください。https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/40_simoyake/

「しもやけ」は血行障害から

しもやけは、寒い季節に起きやすい血行障害が原因です。

気温が下がることで手足などの末梢の血行が悪くなります。その上で汗や水に濡れたままにしておくと、汗が乾くときに急激皮膚の温度が下がり、血行不良となりしもやけになります。

日常生活に置き換えると、

冬場に手足がひえる→手足の血流が悪くなる→ブーツやコタツで足が温まって汗をかく→汗が乾くときに皮膚の温度が下がる→血流がもっと悪くなる→しもやけ完成

足のしもやけ予防は「保温」と「汗対策」

しもやけ予防には、保温と汗対策をして急激な皮膚温度の低下を防いで、血流を妨げないセルフケアが必要であることがわかりました。

足の汗対策は臭い対策

足の臭いの原因は汗や雑菌です。汗対策ができるとブーツを脱いだときの蒸れたムワッとした臭いにも効果的です。

「しもやけ」予防の靴下条件

  1. 血行を妨げない:きつすぎる靴下は血行が悪くなるので、なるべく締め付けの少ないものを選んでいます。ですが緩すぎてズレやすいものもあるので色々試しています。
  2. 吸湿性、放湿性、保温性がある:汗をかいたときにベタつかずに快適ですし、汗が乾くときの皮膚温度低下を防ぎます.
  3. 日常使いができる素材、見た目と色:日常使いするには洗濯機で洗えて、見た目も大切です。人目を気にしなくて、ちょっとオシャレが楽しめるものを使いたいものです。

シルクの5本指靴下が気持ちいい

シルクの5本指靴下の上に、ウール(または綿)の靴下を重ねばきしています。

普通の靴下と比べると5本指靴下を履いただけでも随分暖かいです。さらに保温性を兼ねてウールの靴下を重ねて履いています。(靴を脱いでも恥ずかしくないですし足がホカホカです)

タイツを履くときはシルクの5本指靴下の上にタイツを重ねばきしています。

5本指靴下を履くことで、足先が暖かいし、指の間はいつもサラサラ快適です。

(流石にストッキングの時は諦めます)

毎年買い足している靴下

色々試した中で、寒い時期はこの靴下だけしか履いていないくらい気に入って毎年入れ替え購入しています。

ゴムがきつくないけれどズレにくく、履き心地、色やサイズが選べます。LLサイズやダークカラーもあるので男女問わずおすすめです。

1.シルク5本指の靴下

841(ヤヨイ)のシルク靴下が、締め付けがない上にずり落ちもなくて気に入っています。

色は6色、サイズはMサイズからLLサイズまで。両足用、片足用がありますので、片方がダメになっても買い足すことができて便利です。

2.ウール靴下または綿の靴下

ウール靴下は841(ヤヨイ)ウールリブ靴下を履いています。色は9色と豊富でオンオフともに使いやすいです。

綿の靴下は、お手持ちのものでいいと思います。サイズやゴムがキツくない物であればなんでも。ただし中にシルク靴下を履くので、少し大きい方がいいかもしれません。

3.そのほか(ハーフ5本指靴下)

今ではタイツを履くときも上記のシルク靴下を履いていますが、足首が見える靴やスカートを履くときに気にしていた時代(?)はこちらを使っていました。6色から選べます。

まずは自宅でお試しから

最初は自宅で試してみて、次第に日常でもシルク5本指靴下とウール靴下の重ねばきをするようになりました。

足指の開放感と温かさにすっかり取り憑かれてしまい、やめられなくなりました。

そして、足指の汗対策ができると、ブーツを脱いだ時の臭いも気にならなくなりました。

靴下を重ねばきすると、今まで履いていた靴がキツイという問題が出てきます。当然足先の細い靴やハイヒールにはあいません。

そういう方は、せめてご自宅で過ごす間だけでもお試しいただけいただけたらと思います。この足指の開放感と温かさをぜひ体験していただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました