冬の足汗対策 暖かさと快適さを両立する方法とおすすめ靴下

快適な毎日

会社員のふくこです。

寒い季節になると、暖かさを求めて厚着をすることが多くなります。その結果、足元がムレてしまうことがありました。

屋外でも室内でも暖かさと快適さを両立するため、冬の足汗対策について考えてみました。

最後に実践している方法をご紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

吸湿性の高い天然繊維の靴下を選ぶ

足汗によるムレで冷えるのを防げます。コットンやウールなどの天然素材は、汗を吸収しやすく、足元を快適に保つことができます。

同じ靴を履き続けない

1日分の汗をたっぷり吸い込んだ靴を、連日履くのはNG。翌日は靴を替えることで靴の内部がしっかり乾き、汗による臭い菌の繁殖をゆるやかにすることができます。

5本指ソックスを着用する

5本指ソックスは、足の指1本1本を包み込んで暖かい上に汗を吸収してくれます。そのため指間のムレも防げます。

また、5本の足指が自由に動かせると血行にも良く冷え予防になります。

靴選びや靴のケアでムレ対策

自分の足のサイズに合わない靴やフィット感が悪い靴を履くと、靴の中で足が緊張することになり、汗が余計に出やすくなるので要注意。通気性の良い天然素材の靴を選び、吸汗性のあるインソールを活用したり、帰宅後は靴を乾燥させたりして、靴に湿気がこもらないようにすることも大切です。

以上、冬の足汗対策についての私の考えをお伝えしました。それぞれの人に合った対策があると思いますので、自分に最適な方法を見つけてみてください。

会社員が実践している3つの対策

冬の暖かさと快適さを両立させるために、冬場は靴下を2枚重ねて履いています。

ポイントが3つあります。

1.インナーソックスで五本指靴下を履く

五本指靴下は、指の周りに布があるので、履くだけで暖かいです。しかも足指に汗をかいても靴下が吸ってくれるのでベタつくことなく快適です。

2.ウールの靴下またはコットンのタイツを履く

5本指靴下の上に、ウールの靴下やタイツを履いています。このほかにルームソックスを履く場合もありますが、こちらも5本指靴下の上に履いています。厚手の素材の靴下で汗をかいても5本指靴下との併用で、ベタつくことなく快適です。

3.締め付けのないゆったりサイズを選ぶ

1、2の靴下どちらにも言えることですが、重要なのがサイズ選びです。小さいものは選ばないように気をつけています。サイズが合わず足指が縮こまったり、足に靴下のゴムの跡がくっきりつくようでは、足先に血液が届きにくく冷えの一因になってしまいます。

おすすめの靴下

841(ヤヨイ)の靴下を愛用しています。

天然素材で、ゴムの締め付けがないけれど、ずれてくることがありません。

またメンズサイズもあるため、足が大きい方でも自分に合ったサイズを選ぶことができます。

快適な毎日を手に入れる

冬の寒さと不快な足汗を改善できて毎日の生活が快適になりました。

この記事が皆さんの生活が快適になるお手伝いができると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました