セラミック矯正をしない理由 現役歯科衛生士さんから聞いた話

その他

会社員のふくこです。

綺麗に並んだ透明感のある白い歯に憧れます。

セラミック矯正について気になっていたところ、ちょうど職場で話題になったのでブログにしました。

職場でご一緒するベテランの歯科衛生士さんから、セラミック矯正のメリットとデメリットを教えてもらいました。

また、歯科衛生士さん達が多くがやっているケアはどんなものかも一緒に聞きました。

セラミック矯正のメリット

通常の歯科矯正と比べて、治療期間が短く費用が抑えられる。

つまり、短期間で綺麗に並んだ美しい白い歯が手に入る、これに尽きると思います。

また、白さの度合いも好みで選べます。

他にも、金属アレルギー反応が出ない、歯に近い強度のため、自分の歯を痛めないなどがあるそうです。

セラミック矯正のデメリット

健康な歯の表面を削ることが最大のデメリットだといいます。

そのために以下のことが起こる場合があるそうです。

・知覚過敏が起きやすい

・噛み合わせが変わるため、慣れるまでに時間がかかる

・硬いものが噛みにくいなどの不具合が出る可能性がある

・施術後のケアは継続する必要がある(定期的な歯のケアで歯医者さんに行くことは、どんな人に対してもお勧めだそうです)

健康な歯を削ることのデメリット

歯の治療をした時は良くても、セラミックの中の自分の歯が虫歯になる場合もあるそうです。

その場合は、表面のセラミックを外して、中の歯の治療が必要になります。

治療の中で、削られた小さな歯が並んだ方を見ることがあるそうです。

小さな歯の持ち主はお年寄りだったそうで、昔全ての歯に何かしらの被せ物をしていたそうですが、年齢を重ねることでメンテナンスの継続ができずに、被せ物が取れてしまった後ではないかと言っていました。

歯の表面を削ることで、歯の強度が落ちてしまい、上記のデメリットの他に、虫歯になりやすかったり、折れやすかったり、当然物を噛めなくなったり。

一度歯を削って被せ物をしたとき、見た目も良くてその時はとてもいい状態かもしれません。

でも、そのいい状態が一生続くわけではないこと、年月が経つと治療した場所が劣化することはあるし、土台となる歯や歯茎も変化するため、常にメンテナンスが必要だと言っていました。

現役歯科衛生士さん達が、日頃やっている歯のケア

ベテラン歯科衛生士さんの周りでもやっている人が多いケアを聞きました。

・毎日の歯磨き

・デンタルフロス

・フッ素入りの歯磨き粉や洗口液を使う

・歯の定期的なクリーニング

・ホワイトニング(ホームホワイトニングがメインのようです)

一般的な歯科矯正をやった経験がある歯科衛生士さんや歯科医師さんが歯医者さんにはよくいます。(当たり前?)

時間やお金はかかっても、長い目で見たら通常の歯科矯正を選ぶ方も多いのかもしれません。

おまけ:銀色の詰め物1箇所をセラミックに変えた時の値段

これは自身の体験です。

奥歯の金属をセラミックに変えたとき、治療費に約7万円かかりました。

高校生の時、一番奥歯が虫歯になってしまい、削って銀色の金属で詰め物をしてもらいました。

当時はなるべくお金がかからないように一番安い保険治療を選びました。

先日の歯の定期検診で、高校生の時に詰めた金属と歯に隙間ができて、虫歯がすすんでいるかもしれないと言われました。

この時に、どうせ治療するならばと金属の詰め物をセラミックに変えました。

古い金属を外し、歯の治療をしてから型をとってセラミックの詰め物を作り、穴にはめ込む。

お値段は、一般的に奥歯であればあるほど価格が高くなり、治療の内容(神経が残っているかどうかなどな)によっても変わってくるそうです。

歯は大切にしなければとあらためて思います。

まとめ

短期間で美しい歯を手に入れるセラミック矯正、とても魅力的ですが私は選ばないことにしました。

現役歯科衛生士さんのお話から、今ある歯を生かしてなるべく綺麗な歯を維持したいと思っています。

今後、金属の詰め物が入っている歯の治療が必要だったり、何らかの理由で歯を失ったときは、セラミックに助けてもらおうと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました