【大人肌の痒みと赤み改善】インナーを見直す

習慣

会社員のふくこです。

大人になって痒みや赤みを伴う肌荒れがひどくなりました。

皮膚科に通ったり、書籍やいろいろな情報から自分なりに改善策を立てて実践したら、肌荒れの改善だけでなく、毎日の生活が楽になりました。

今回は見直したインナーについてまとめました。

実際に選んで愛用しているインナーも紹介しておりますので参考にしていただけると嬉しいです。

肌荒れしなくて快適なインナーは生活の質が上がります

肌の痒みが出ることなく安定しているし、冷え性も以前より改善され毎日の生活が快適になりました。

自分の中では、お金をかけて良いと思えるところです。

肌荒れに悩んでいて、寒がりで暑がりなかたの参考にご覧いただけると嬉しいです。

選んだインナーと条件6つ

通年使用している基本インナー2種類と、寒さに応じてプラスするインナー、そしてそれらを選んだ条件をご紹介したいと思います。

肌に優しくて機能性が高く、日常使いができて、今のライフスタイルに合ったものです。

通年使用の基本インナー2種類

一年を通して同じものを使っています。

基本的に暑い時期はこの2種類だけです。

①タンクトップやキャミソール(パットなし)

 ウールかシルク製を選んでいます。

 ブラトップつきは呼吸が苦しくなるのでパットがついていないものを選んでいます。

 余談ですが、今ではブラジャーもやめてしまいました。理由は呼吸が苦しく感じるようになってきたからです。普通のワイヤー入りブラジャーからワイヤーなしのブラレットに変え、ヌーブラを経て、現在は二ップレスを使っています。

二プレスは洗って繰り返し使えるシリコン製であれば一セットあれば事足りてしまいます。また、毎日のつけ外しの際シールだと肌を痛めることもありますが、シリコン製であれば今のところトラブルは起きていません。使い方のコツを掴めばしっかり吸着するので、今のところ外れて困ったことはありません。

 ブラジャーをやめてから呼吸がとても楽になり、肩こりも改善しました。

一セット購入したら約一年は持っています。いくつか試しましたが、シリコン製で体温で吸着するタイプが肌に優しくて好みです。洗えば何度も繰り返し使えます。もう3個目使用しているので、ブラなし3年目になります。白いTシャツや露出の多いトップスでも下着を気にせず着られるので、洋服に合わせて併用するのもおすすめです。

 

②ショーツ

 ゴムがついていなくて見た目がいいものを探し、シルク製の紐タイプに行きつきました。

 形で言えば、ふんどしパンツとか、ヒモパンツで検索すると見つかると思います。

 特徴は鼠蹊部(太ももの付け根部分)を締め付けないことです。

 まるで何も履いていないような軽い履き心地で、最初はズレ落ちはないか、本当に履いているのかと不安でしたが、慣れれば快適そのものです。ズレ落ちもありません。

 ものによっては、THEふんどしのようなものもあるのですが、ここは贅沢して女性らしいものを選んでいます。紐タイプと言っても、ウエスト部分が一部ゴムになっていたり、アジャスターがついていたりと脱ぎ着がしやすいものも出ています。

探しに探して見つけた女性らしいインナーです。

Puntoe(プントゥ)さんのスキンケアするシルクランジェリー

Puntoe (プントゥ) | 締めつけないシルクランジェリー
締めつけない、ゆるんだからだをつくる」がコンセプトの、シルクやオーガニックコットンなど天然素材のランジェリーブランドPuntoe(プントゥ)。着心地が良く、美しい、今までにない新しいオリジナルランジェリー・インナーアイテムを取り扱っています。

寒さに応じてプラスするインナー

①②通年使用の基本インナー①②に加えて、寒さに応じて③④⑤をプラスしています。

11月から5月ごろまでは、①〜⑤のインナーをフルで着ています。

③長袖のインナー

 メリノウールでできた薄手のものを選んでいます。ウールは肌にチクチクして痒くなると思っていましたが、今使っているものは大丈夫です。今は肌の状態が安定しているせいもあるかもしれません。

④ウエストまである一分丈のスパッツ 

 腹巻きパンツとしても検索で出てきます。肌に触れる部分がシルク製で、縫い目がないものを選んでいます。締め付け何がなくてお腰やお腹周りも暖かくて手放せません。

⑤靴下は2枚を重ねばき(シルク五本指靴下+ウール靴下)

 冷えとりもかねて、どちらもゴムがきつくないものを選んでいます。

 シルクの五本指靴下の上にウールの靴下を履くことで、温かいのはもちろんですが、靴を脱いだときにも人目を気にしなくて済んでいます。また、ブーツなどで足が蒸れるような時でも不快感なく快適です。悩みだった足指の霜焼けは全くできなくなりました。

 タイツを履くときは、シルクの靴下を履いた上にタイツを重ねばきしています。靴やブーツがちょっときつくなりますが、指の間の蒸れがないし、温かいのでやめられません。

インナーを選ぶ条件は5個

実際に試してみて2年〜4年気に入って使っています。

自分が選ぶ条件は以下の通りです。

快適性と使いやすさ、好みの見た目、お値段との折り合いが難しいなと日々思っています。

  1. 肌に優しい素材 
    • 自然素材が多く含まれ、肌に優しいものを選んでいます。シルクやウールを選び、冬は暖かく夏は涼しく快適です。肌の乾燥もへり、痒みがなくなりました。
  2. ゴムで締め付けがない
    • ゴムの当たる部分に痒みが出ることがありました。また、肌を締め付けることで血行が悪くなり肩こりや冷え性の原因になると知りました。考えてみると、インナーはゴムが入ったものが多く、特に女性のインナーは体を綺麗に見せるために、体を締めつけていると感じます。
    • 人によっては、着物で生活をしていた時代を目指して、ふんどしや腰巻みたいなものを愛用する人もいるそうですが、自分にはそこまでできなかったので、日常生活に支障がない程度に段階を踏んで取り入れることにしました。
  3. 自宅で洗濯できる
    • 毎日身につけるので、自宅で洗えないと困ります。今使っているものは、洗濯機のオシャレ着洗いができます。
  4. 吸湿性、保温性、速乾性
    • 夏でも冬でも快適に過ごせる素材を選ぶと、通年使えるのでコスパ良いと思います。ウールやシルクは吸湿性、保温性、速乾性があり一年中着ることができます。ウールは天然のエアコンと言われアウトドア用のインナーにも使われています。シルクは肌に優しい上に暑い季節はさらりとしていて紫外線対策にも良いと言われています。
  5. 見た目
    • 毎日身につけるからこそ、見た目も大切にしたいところです。自分のモチベーションが下がらす、かつ旅行や着替える時に人に見られても恥ずかしくないものを選んでいます。
    • 着膨れせずにアウターに響かないことも重要です。
  6. お値段
    • 日常使いができないほど高価なものは使えませんので、お財布事情に合わせて選んでいます。自分にとって高価な場合は、少しずつ購入して大切に使っています。
    • こまめに洗濯ができるならば、枚数を絞って着回すこともできます。
    • インナーの種類を絞ることで、その分他のインナー費用に充てられます。自分の場合はブラジャーをやめたので、その分他のインナー購入費としています。

選んだインナーのデメリット

シルクやウールを多く含むインナーを少しずつ揃えてきました。

メリットは肌に優しくて着心地が快適なことです。洗濯後の乾きもコットン製と比べて早いです。

デメリットは、デリケートな素材なので洗濯に注意が必要なこと。手洗いやオシャレ着洗いが必要だったり、洗濯乾燥機が使えないので干す手間があることです。

このデメリットは、コットン製のインナーを選べばおおむね解決するのではないかと思いますが、乾きやすさや保温性の機能は諦めないといけません。

もしデメリットを乗り越える方がおられるならば、お勧め出来るインナーを最後にご紹介いたします。

インナーの購入先

すべてネットで購入しています。

Amazonでよく買い物をするので、サイトをじっくり探して上記の条件に合ったものを選んでいます。

どれも洗濯機のオシャレ着洗いができます。(ネットに入れると良いようですが、私は直で入れています)

①キャミソール シルク80% コットン20% (黒、紺、ピンク、白、ダークグレー)

身頃がリブになっていて肌にフィットします。肩のチュールレースはポリエステルです。 

②シルクレースタンクトップシルク100%(黒、白、グレー、ベージュ)

レース部分以外はシルク100%です。

③ヨハ メリノウール100%タンクトップ(オフホワイト)

1963年にデンマークで創業した子ども向け肌着ブランドです。チクチクしない柔らかい着心地で子供も安心して着られます。こちらは大人用の商品です。

④ヨハ メリノウール100%長袖インナー(黒、グレー)

同じくヨハの大人用長袖インナーです。

⑤カサネラボ 内絹外ウールのはらまきパンツ(スリムタイプ/膝丈)(黒、グレー、ラベンダー)

お腹や腰回りも暖かい腹巻きパンツです。履いてみるとそれほど厚みはなく、レギンスパンツの中に履いています。

⑥[841(ヤヨイ)] 冷えとり靴下 シルクインナーソックス (5本指) 3足セット 日本製(黒、ベージュ、ライトベージュ)

5本指のシルクのインナーソックスです。締め付けがないのでゴムの跡がつかず痒くなりませんし、汗をよく吸ってくれてベタベタしません。

⑦[841(ヤヨイ)] 冷えとり靴下 ゆったりリブのウールソックス(全9色)

ウール製のソックスです。5本指のインナーソックスの上に履いています。こちらも締め付けがないので痒くなりませんし、とても暖かいです。9色から選べるので好みのものを選べます。

まとめ

今回ご紹介したものよりも、もっとコスパが良くて良いものがあれば、また更新していきたいと思います。

あなたのお肌の悩みが少しでも解消できるヒントになったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました