【夜に足がつって辛い】原因は血行不良❓

その他

会社員のふくこです。

夜に足がつるという経験はありませんか?

寝ているときに突然ふくらはぎやすね、足の裏や指が痛くなって、目が覚めてしまうこともあるでしょう。

このような症状をこむら返りと呼ぶそうですが、なぜ起こるのでしょうか?

また、どうすれば予防や改善ができるのでしょうか?

この記事では、夜に足がつりやすい原因と対策について解説していきます。

足がつる原因は❓

足がつる原因は、筋肉が過剰に収縮し痙攣した状態です。

では、なぜ筋肉が過剰に収縮してしまうのでしょうか。

主な原因は以下が挙げられます。

  • 血行不良
  • 水分不足
  • 筋肉疲労

足がつってしまったら

夜中の寝ている時に起きてしまったら、痛くて眠っていられません。

どうせならば、思い切って体を起こして次のことを試してみてください。

  1. 冷やさずに温める
  2. 優しく伸ばしマッサージする

足がつるのを予防する方法

当たり前に言われていることかもしれませんが、実際に試して効果がありました。

  • 入浴
  • 水分補給
  • ストレッチ
  • バランスのとれた食事
  • 適度な運動

入浴

体を温めて血行を良くします。シャワーだけで済ませる日が続いている場合は、入浴や足湯など体を温める機会を増やすことで血行が良くなり足がつりにくくなります。

水分補給

しっかり水分を補給することで、睡眠中の血液濃度が濃くなり血行不良になるのを防ぎます。眠る前の水分補給には、利尿作用のあるアルコールやカフェインを多く含む飲み物は控えましょう。

ストレッチ

眠る前のストレッチで、筋肉を緩め、筋肉疲労や血行不良を改善します。また、体の緊張が緩むとリラックスできるので、良い眠りにもつながります。

バランスのとれた食事

ご飯やおかず、お肉や魚、野菜や果物など、いろいろな食品を取り入れた食生活の見直しも有効です。

適度な運動

筋肉量が落ちると、血液を循環させる力が弱くなり血行不良につながります。日頃からウォーキングや軽い筋トレなど体を動かすことで筋肉量の維持と血液の循環を促しましょう。

まとめ

足がつった時の予防と対策を知って、せっかくの睡眠を少しでも快適にしたいものです。

冬場だけでなく、朝晩冷え込む春や初夏にも、冷え対策に気をつけています。

もし興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました