【ホームホワイトニング】歯を白くするセルフケア

その他

マスク生活をしていて驚くのは、マスクを外したときの自分の顔。

あれ、こんなに法令線が濃かったっけ。歯が黄色かったっけ?

マスク生活のせいで、リアルな人の口元を見る機会が減りました。

マスクなしのお顔を目にするのはテレビやYoutubeでみるアイドルや芸能人、YouTuberの顔や口元。(私だけでしょうか….)

向こう側にいる人たちは、どなたも清潔感があって美しい人ばかり。もちろん歯は白い。

歯の白さは元々の色だけでなく、生活習慣や年齢でも変わってくるそうです。

そういえば、俳優の真剣佑さんは、歯の着色を避けるため色のついたものを飲まないとか。

歯の色はどうやって決まる?

元々の歯の色アジア人は欧米の方と比べると黄色っぽい歯の方が多いそうです。歯の質が違うようで通っている歯医者さんで聞きました。
加齢歯の構造で外側にあるエナメル質(透明感がある)が薄くなり、内側にある象牙質(黄色っぽい)が透けてくるからだそうです。
着色タバコのヤニや、色の濃い飲食物(コーヒー、紅茶、赤ワイン、チョコレート、カレーなど)の色素がついてしまう。
お手入れ歯磨きの頻度と方法、定期的なクリーニング、ホワイトニングなどなどケアの方法はいくつかあるようです。

習慣とお手入れで歯を白くする

歯の色に関わる要因を見てみると、

自分でなんとかできそうなものは

「着色」を避け「お手入れ」をするしかありません。

そこで、私が選んだホームホワイトニングについて

実践していることをご紹介します。

安全なホワイトニングは歯科医院で専門家の指導に従う

インターネットでみると歯を白くする歯磨き粉や歯ブラシ、自宅でできるホワイトニングなどいろいろな方法があるようです。

海外の製品なども手に入るようですが、日本人には強すぎるとかそうでないとか。

色々調べてみると誤ったケアで、知覚過敏になったり、余計に汚れがつきやすくなったりとデメリットもあるそうです。

どうせやるならば効果があって、歯を傷つけないケアを選びたいと思いました。

「歯は宝石」一本あたり何十万円の価値があるとか。

初めてのホワイトニング、インターネットの情報だけでは何かが正しいか不安です。歯のことを一番知っている専門家指導を受けたいと思いました。そこで、いつも通っている歯医者さんでお願いすることにしました。

ホワイトニングの種類を選ぶ

通っている歯医者では3種類ありました。

いずれも歯医者で型を取りホワイトニング専用のマウスピースを作ります。

ちなみに、歯科矯正後にホームケアで使用するマウスピースを持っているので代用できないか聞いてみました。

答えは「代用できない」でした。

理由は、薬剤を歯に密着させるため。出来上がりを手にしてみると素材がシリコン?のように柔らかく、使っている歯科矯正用とは素材の硬さが違いました。

種類概要価格施術回数一回あたりの施術時間
オフイスホワイトニング歯医者で行う6〜7万円1ヶ月に1〜3回60〜90分
ホームホワイトニング歯医者でキット購入、自宅で行う3〜4万円2週間✖️2回1日2時間
デュアルホワイトニングオフイスとホームを併用9〜10万円上記を合わせたもの上記を合わせたもの

私の場合は、何度も歯医者に通うのが億劫なことからホームホワイトニングを選びました。

写真は私が使用しているホームホワイトニング用のセットです。

マウスピースを作ることも含めてセットで33,000円でした。

歯科衛生士さんから、事前に使い方や注意事項、効果に個人差があることなどの説明を受けました。

右から時計回りで、ホームホワイトニングの薬剤(注射器に入っています)、マウスピース、マウスピースケース

ホームホワイトニングをするために

まずは自宅でケアするための2時間を確保をする必要があります。

歯科衛生士さんのアドバイスを受けて、次のように進めました。

・薬剤の塗布時間は2時間以内、夕食後すぐケアすると時間を確保しやすいです。

・歯磨きの後にマウスピースを使って、歯に薬剤を塗布します。

※薬剤をつける前の歯磨きにはフッ素入りの歯磨き粉は使いません。歯の周りにフッ素がつくとホワイトニングの薬剤の効果を下げてしまうそうです。

・2時間(以内)でマウスピースを外し、歯磨き粉で歯を磨きます。この時はフッ素入りの歯磨き粉使用しても大丈夫です。

・マウスピースは、柔らかいブラシで軽く洗い、入れ歯洗浄剤で消毒します。

・ホワイトニング後は、ちょうど就寝時間のため飲食せずにベッドに入ります。

マウスピースの消毒は、使っていないマグカップに水を入れて、ドラッグストアで買った入れ歯洗浄剤を使っています

翌日の朝食は、濃い色の食べ物は控えました

ホワイトニングの後は、歯に色がつきやすいそうです。

ホワイトニング後の最初の食事だけでも(私の場合は朝食)気をつけてと、歯科衛生士さんの言葉を思い出し、いつもの朝食を少しだけ工夫しました。

昼食は普通通りのいつも通りいただき、食後になるべく早く歯磨きをすることだけ気をつけました。

普段の朝食】ブルーベリーやココア(隠れていますが)など色の濃いトッピングをしています
ホームホワイトニング後の朝食】 トッピングは色の薄いバナナやナッツだけにしています

普段は毎朝温かいオートミールに、ココアやブルーベリーなど色の濃いものをトッピングして食べています。

ホワイトニング後は、トッピングをバナナやナッツなど、色の濃くない物に変えていました。

朝食後の大好きなカフェオレだけは我慢して、白湯にしていました。

昼食からはいつもどおりコーヒーもいただいて歯磨きをしました。

歯が染みる…知覚過敏の進行?

もともと知覚過敏ぎみで、ときどき歯磨きでしみることがあります。

ホームホワイトニングを2回実施後の朝、歯がなんとなくしみるような気がしました。

そして熱いお湯を飲んだ時に違和感を感じました。

歯科衛生士さんから事前にアドバイスがあり、ケアの後歯がしみる場合は1日空けてケアするといいとのこと。

それ以来1日おきにホワイトニングをすることで、気にならなくなりました。

使用方法を守りましょう

使用しているホームホワイトニングの薬剤は、塗布してから2時間以内と説明書に書いてありますし、歯医者さんでも説明を受けていました。

ですが、ある日うたた寝して3時間経ってしまったことがありました。

翌日は、一日中なんとなく歯に違和感があり、熱いものや冷たいものを飲むと少ししみました。

それ以来説明書通り、指定時間を過ぎないように気をつけています。

ホワイトニングの効果は個人差があるそうです

初回よりも白く透明感が出てきています。

少しずつ白くなる歯を見ることは気分がいいものです。

自宅では鏡の前を通るたび、つい歯を見てしまいます。

人によっては効果が出にくかったり、場所によっては元々の詰め物との色の差が出てしまうなどがあるようです。

私の場合は事前に歯医者でアドアイスを受けてから始めてよかったと思います。

実際にやってみてから起きること、ケアの工夫など詳しく教えていただけたので、安心感がありました。

なかなか人には聞きにくい歯のお手入れ、これからも綺麗な状態で大切にしていきたいと思います。

毎日使っている口腔洗浄器です。歯のザラザラや歯茎の腫れがなくなり、もう手放せません。

歯科衛生士さんに教えてもらって、ホワイトニングの後に高フッ素やアパタイトが入った歯磨き粉を日によって使い分けています。

フッ素もアパタイトも歯の再石灰化を促すとのことで、歯質強化を期待して使っています。

こちらフッ素入りの歯磨き粉


コメント

タイトルとURLをコピーしました