【ふるさと納税】焼き芋65本食べて選んだ甘くてネットリ「熟成紅はるか」

その他

会社員のふくこです。

ヘルシオウォーターオーブンを買って3ヶ月が経ちました。

以来週1〜2回は焼き芋を焼いています。

焼いた焼き芋は20kgを超えていると思います。

そして食べた焼き芋は約13kg、本数にすると今年3ヶ月で65本の焼き芋を食べているようです。(一本あたり200gとした場合)

スーパーで並ぶさつま芋の中で、お高めのシルクスイートや紅はるかがお気に入りです。

お値段以上の美味しさで、買って損はないと思っています。

だって市販のスイーツと比べたら、安価でヘルシーではありませんか。

お腹もお肌の調子も良好です。

ヘルシオで焼く自家製焼き芋があまりにも美味しすぎて、遊びに来て食べた家族や友人まで「まさにスイーツ」とお墨付き。

今回購入した「熟成紅はるか」を焼き芋にしたら、これまた甘くてねっとり。

芋羊羹のようですっかり虜になってしまいました。

ねっとりと甘い「熟成紅はるか」

ねっとり系の甘い焼き芋を求めて調べたところ、低温で熟成させたさつまいもは甘くて美味しいと知りました。

これは是非食べてみたいと、ふるさと納税で「熟成紅はるか」を手に入れました。

購入したのはこちらの10kg入り。大きいサイズ2L〜Mサイズを選びました。

(我が家には250〜400g位が32本入っていました。ご参考までに)

サイズは選べます。S〜2Sサイズまたは、2L〜Mサイズです。

5kg入りもあります。こちらもサイズが選べます。

土がついた状態で届きます。

甘くねっとりした焼き芋になりました

低温で長時間かけて焼くと甘みが強くなって美味しい焼き芋になるそうです。

届いたお芋がと大きめだったので、いつもより焼く時間を延長し、加熱後終了後もオーブンに入れたま放置。

するとねっとり甘い美味しい焼き芋になりました。

ヘルシオで甘いさつま芋をより甘く焼く

とにかく甘くて美味しい焼き芋は、素材が甘いものであることが大前提です。

甘いさつま芋を甘く焼く。これ以上のものはありません。

  1. 芋をよく洗う
  2. フォークで芋の皮に穴を開ける(焼いているときに皮がはじけてしまう)
  3. 天板にホイルかキッチンペーパーを敷く(蜜が落ちるので洗い物を楽にするためです)
  4. 天板に網をのせ、芋を並べる
  5. ヘルシオの下段に入れる
  6. 「手動調理」→「ウォーターオーブン(予熱なし/一段)」→「決定」→「160℃」→「1時間30分」→「スタート」→(1時間30分の加熱が終了したら)「延長10分」→「オーブンの中でそのまま放置」
  7. 自然に冷めるのを待ちます。じっくり余熱で甘みを引き出します。

大きい芋なら夕食後に焼いて、オーブンから出すのは翌朝

いつも夕食後に片付けをしながら焼いています。

なぜなら、加熱から放置するのに焼き芋がオーブンを独占してしまうから。

オーブンに焼き芋をセットし、スイッチを入れたらほったらかし。そしてそのままオーブンに入れたまま就寝、翌朝を迎えます。

大きい芋は、焼いた後オーブンに入れておいても水分が抜け切ることなく、しっとりと甘くなっていました。

300gより小さいサツマイモを焼くときは、加熱時間と放置の時間を短めにしています。

まとめ

自宅でこんなに美味しい焼き芋が食べられるなんて、嬉しい限りです。

オーブンに入れっぱなしなので簡単、そしてヘルシー。しかもどハマりしてしまう美味しさです。

皆さんにぜひ食べてほしい!「熟成紅はるか」噂通りのとっても美味しいお芋です。

毎日使っているヘルシオはこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました